2021年 9月 22日 (水)

宮崎駿監督 新作で息子を再教育

新規入会で5,000円相当の楽天ポイントプレゼント!

   宮崎駿監督のアニメ映画の新作、「崖の上のポニョ」が2008年夏に公開されることが07年3月19日に発表された。主人公の5歳の男子「宗介」は、宮崎監督の長男の吾朗氏(40歳)がモデル。吾朗氏は06年「ゲド戦記」の監督を務め、映画は大ヒットしたが、映画の出来にはブーイングが多かった。そのため、宮崎監督は新作映画の中で「長男にこう育ってほしい」というあるべき姿を示し、長男の再教育を狙っている。そんな見方がもっぱらだ。

5歳の「宗介」が長男と重なる

ホントは駿監督が作るはずだったのに…
ホントは駿監督が作るはずだったのに…

   宮崎監督の新作「崖の上のポニョ」は、興行収入196億円の大ヒットとなった「ハウルの動く城」(04年11月公開)以来4年ぶりとなる。人間になりたいと願う金魚の姫ポニョと、5歳の「宗介」にまつわる物語。鈴木敏夫プロデューサーによれば「宮崎駿版『人魚姫』のようなイメージ」だという。昨年映画化された「ゲド戦記」は、もともとは宮崎監督がメガホンを取りたいと20年前から原作者に映画化交渉をしていたものだったが、それが長男の監督デビュー作に変った。J-CASTニュースが「ゲド戦記 ホントに好調?」で報じたように、

ジブリの鈴木敏夫プロデューサーは、同社のホームページのインタビューで「『(駿監督は)吾朗が中心になってやるなんていうことはありえない』と言いました。つまり、完全に吾朗君の監督には反対なんですよ」

   と答えている。その後、鈴木氏は駿監督を説得するわけだが、結果的には大ヒットしたものの、観客や原作者から渋い評価を受けた。

   そんな親子の「確執」を、スポーツニッポンは07年3月20日付けの紙面でこう書いている。

「宗介のモデルは宮崎監督の長男吾朗氏(40)。吾朗氏が昨年、『ゲド戦記』で映画監督デビューしたことを、宮崎監督は自分への反抗ととらえ、『こんなことになったのは吾朗が5歳の時、仕事ばかりで付き合っていなかったからだ。二度と吾朗みたいな子をつくらないために』と反省の気持ちを込めているという」

   どうやら長男教育を反省する作品になるようだ。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中