2019年 9月 19日 (木)

「野球奨学制」は除名? 高野連に大ブーイング

印刷
ロート製薬『セノビック』500円モニター募集!

   スポーツに長けた生徒が「特待生」として私立高校に入学するのは珍しくないが、こと野球に関しては事情が異なるらしい。プロ野球球団とのつながりで問題になっている専大北上高校だが、同校高野球部に「日本学生野球憲章違反」の奨学制度があったとし、高野連は同校の連盟からの「除名」を検討している。サッカーやバレーボールはよくて、なぜ野球だけはダメなのか。ネットでは「高野連は何様のつもりだ!」と騒然となっている。

1946年に作られた古い憲章が生きている!

「スポーツ特待生」は甲子園に行けない??
「スポーツ特待生」は甲子園に行けない??

   この騒動は早稲田大学野球部の清水勝仁元選手が、専大北上高時代から西武球団から金銭供与を受け西武に入団を約束していたという事件から飛び火し、高野連が禁止している奨学制度が同校にあったことがわかった、というものだ。こうしたことで高野連は同校を連盟からの「除名」を検討している。除名されれば高野連が主催する大会などには一切出られなくなる。しかし、私立高校の「スポーツ特待生制度」などはごく普通の話で、ネット上では「特待制度でなぜ除名?」という疑問で溢れている。

   J-CASTニュースが高野連に取材すると、担当者は、日本学生野球憲章の13条に「選手又は部員であることを理由として支給され又は貸与されるものと認められる学費、生活費その他の金品を受けることができない」という記載があり、

「これに抵触するわけです」

と話した。
   しかし、サッカーやバレーボールなど他の部活は特待制度があるのに、なぜ野球だけはダメなのか。しかも、この憲章が作られたのは1946年で相当昔の話だ。

「これが高校野球のオリジナル(憲章)なわけで、それに従わなければならない。他の競技もそれぞれ独自に(憲章)を作っているということ」

と、あくまで規則に則って粛々と裁いているというのだ。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中