2021年 12月 8日 (水)

鈴木京香の「タニマチ」は 華麗なる一族の大物?

富士フイルムが開発した糖の吸収を抑えるサプリが500円+税で

   女優の鈴木京香さんを「自分の愛人だ」と公言している大物財界人がいる、と週刊文春が報じた。もちろん、両当事者とも全否定している。ただ、時々食事をしたりする「タニマチ」的関係ではあるらしく、ドラマ『華麗なる一族』では大林組が撮影協力した、などという話も、もっともらしく伝えられている。

『華麗なる一族』では、大林組が撮影協力

大林組は「華麗なる一族」に協力した?
大林組は「華麗なる一族」に協力した?

   「週刊文春」2007年4月19日号によると、その大物財界人は東京西麻布の個人ギャラリーでプライベートパーティーを開き、こう話すのだという。

   「その宴席で会長は『鈴木京香が愛人なんだ』という話をしていた。何人かがその話を聞いています」そして、

「(京香さんが出演した)ドラマ『華麗なる一族』でも、大林組が撮影協力をしていて、会長は『京香に頼まれて協力したんだ』、と話していたそうです」

   などの証言を載せている。もっとも、大林の広報はTBSとの関係で協力した、としている。

   この大物財界人とは、大手ゼネコン「大林組」の大林剛郎会長(52)なのだという。大林会長は創業一族の四代目で、慶応大学卒業後、スタンフォード大大学院終了。03年に49歳の若さで同社の会長に就任した。関西経済界で大林一族といえば誰もが一目置く存在だそうで、同誌によれば、「『華麗なる一族』顔負けのサラブレッド」とのことだ。

   にわかには信じがたい話、ホントなのか。J-CASTニュースが鈴木さんの所属事務所コムスシフトに取材すると、

「(愛人関係は)根も葉もない話。こちらが話したことがちゃんと(週刊文春に)載ってるはず、ないじゃないですか。おたく(J-CASTニュース)だってそうでしょ!?」

と反撃されてしまった。

「年に2回、食事をする仲です」

   今度は、大林組広報に聞いてみる。こちらは、文春に掲載された会長のコメント部分について、

「書いてある通りだと思います。会長が連絡を取ったものを、そのまま出していると思われます」

と答えた。それは、大林会長が文春記者と携帯電話で話したとされるもので、こう書かれている。

「確かに鈴木京香さんとは面識がある。年に2回、食事をする仲です。家内も一緒です。特別な関係はありませんし、そういったニュアンスのことは言ったことがありません」
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中