2021年 6月 18日 (金)

押切もえ、「きせかえケータイ」発表会で熱愛説否定

糖の吸収を抑える、腸の環境を整える富士フイルムのサプリ!

   NTTドコモが2007年7月13日、背面パネルを取り替えられる新型イルミネーション携帯電話「SO704i」を発売したのを受けて、製造元のソニー・エリクソンが7月19日午前、東京・池袋のプラネタリウムで記者発表会を開いた。イメージキャラクターの押切もえさん(27)も「光る衣装」で登場、「ケータイのように輝いていたい」などとアピールした。

押切さんプロデュースのプラネタリウム上映

「熱愛説」を否定した押切もえさん
「熱愛説」を否定した押切もえさん

   3大流星群のひとつである「ペルセウス座流星群」が7月20日ごろから出現するのにちなんで、発表会の会場にはプラネタリウムが選ばれ、押切さんがプロデュースし、ナレーションを担当したプラネタリウムが約10分間にわたって上映された。
   同製品は、それぞれのパネルに応じたモチーフのイルミネーションの演出を楽しめるのが特徴。パネル9種類を着せ替えるように変えられる。押切さんからは、自身のデザインによる、本物の宝石を使った300万円相当のパネル「ジュエリーパネル」が披露された。同パネルは抽選で1名にプレゼントされ、当選者には押切さんから直接手渡しされる。押切さんは、パネルが装着された端末を手に、

「大切な電話も特にドキドキしますよね」

などと話し、流星群については、

「ケータイのように輝いていたいな、とお願いしました」
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中