2019年 9月 21日 (土)

ベネトンやエルメスまで登場した セレブご愛用「エコバック」人気沸騰

印刷
スマモニの覆面調査のお仕事で高額謝礼を獲得!

   有名ブランド製の「エコバック」の人気が急騰している。なかでも、「I'm Not A Plastic Bag」(わたしはポリ袋ではない)と使い捨てのレジ袋の削減を訴えたアニヤ・ハインドマーチ製は超人気で、このエコバッグを求めて客が全国の百貨店に殺到し、警察が出動する騒ぎにもなった。このほか、ベネトンやエルメスなど高級ブランドも「エコバック」に続々参入している。

   2007年7月14日、東京・銀座にある「アニヤ・ハインドマーチ」の直営店では、開店時間の午前11時前に4000~5000人の購入希望者が殺到、警察が出動する騒ぎになった。8月2日付の女性セブンは「マドンナご愛用2000円バッグ行列記」と伝えている。7月18日には全国の12カ所の百貨店でアニヤ製のエコバッグを求めて、若者や中高年らが徹夜で列をなした。

しゃれていて「エコバッグらしくないのがいい」

「ヤフオク」に出品されるエコバッグには、3万円台の値段がつくものも多い
「ヤフオク」に出品されるエコバッグには、3万円台の値段がつくものも多い

   「悪天候の中、長時間ならんだお客様と近隣の店舗関係者の方々等、数多くの皆様に多大なるご迷惑とご不便をかけたことを、心よりお詫び申し上げます」――「I'm Not A Plastic Bag」の銀座直営店での販売に際してアニヤ・ハインドマーチジャパンは7月14日、ホームページでこのような「お客様へのお詫び」を掲載した。アニヤ側の予想をはるかに上回る人が押し寄せて、銀座店の周辺は一時騒然となった。

   直営の銀座店だけではない。同日に先行販売した伊勢丹新宿店も、「発売当日には大変な混雑が予想されることから、その対応に関して準備してきたが、予想を上回るお客様のご来店に対して十分な対応ができず、長時間並んだお客様が多数発生してしまいました」とお詫びした。

   18日、全国12カ所の百貨店でも長蛇の列をつくった。銀座・松屋は500個の販売を抽選で行うことにしたが、その抽選券に約6000人が並んだという。

   そもそもエコバッグというと、ナイロン製や紙製のトートバッグ風のものが多い。大手スーパーやコーヒー店が、1000円弱で販売しているものもある。ふだんスーパーやコンビニエンスストアでの買い物に使う「買い物袋」なので、おしゃれよりも軽くて折り畳めるなどの機能性が重視されるのが常だ。

   ところが、小さなリボンがトレードマークの「I'm Not A Plastic Bag」のエコバッグは綿でできていて、デザインも洒落ている。若いOLは「エコバッグらしくないのがいい」という。

   さらには、このエコバッグは超セレブが出席することで有名な「ヴァニティー・フェア」主催のアカデミー賞アフター・ショー・パーティーの「おみやげ用」のバッグに採用され、「セレブご愛用」として人気が上がった。ビヨンセやヴィクトリア・ベッカム、ナオミ・キャンベル、ジェニファー・ロペス、リヴ・タイラーも使用しているという。
   セレブも使う高級感とおしゃれ感、数量限定の希少価値が女性の心をくすぐったようだ。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中