2019年 1月 20日 (日)

末松代議士ブログ、「被災地視察珍道中」で「炎上」

印刷
数独ポータルはじめました!3問解いてAmazonギフト券ゲットしよう!

民主党・末松義規衆院議員のブログが「炎上」している。2007年7月18日、民主党の新潟での被災者救援募金活動の様子を「平成の黄門様の渡部恒三代議士を筆頭にして、スケさんの古賀一成代議士、カクさんの私という珍道中でした」と、「水戸黄門のご一行」になぞらえて紹介したことに対してコメント欄に批判が殺到した。批判は

「被災されて困ってらっしゃる方々のいる地へ『珍道中』ですか?」
「珍道中?被災者を馬鹿にしているとしか思えませんね」

などと、「珍道中」という表現の軽率さを非難するものが大半。末松議員は翌19日になって、同ブログに「私の不用意な表現のために、不愉快なお気持ちをもたれた皆様並びに被災地の皆様に、改めて心からお詫び申し上げます」などと謝罪する文章を掲載した。

20代で資産4800万円超え! 兼業トレーダーが選んだ「恐怖指数」ってなんだ?

高校生時代から、アルバイトを掛け持ちしてコツコツと貯めた50万円を元手に、20歳から株式投資を始め、研究に研究を重ね、投資の「極意」をつかんだ。その結果、現在手元には4800万円を超える資産が。日々サラリーマンをしながら、わずか7年で、資産をおよそ100倍近く増やした。

PR 2018/11/19

20181221_ohaka.jpg
親の「人生の最後」、本気で想像したことある?

2010年の新語・流行語大賞にもノミネートされた「終活」。残された家族のためを思い、「人生の最後」を前向きにとらえて活動している人も多いようだ。最近の終活需要の高まりはニュースなどでもよく耳にする。

PR 2018/11/16

姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 「無期転換ルール」、新たな「働き方」は軌道に乗っていますか?

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中