2021年 6月 18日 (金)

「シーガイア」初の黒字を達成 大復活のきっかけは「プライド」

初めての方ご注目!プロミスなら最短1時間融資でお急ぎでも大丈夫!

   大型リゾート施設「シーガイア」を運営するフェニックスリゾート(宮崎市)が、開業以来初めて営業黒字化を達成した。バブル崩壊後の経済状況のなかで第3セクターとしては当時最大規模の負債を抱えて経営破綻に陥った「シーガイア」。もうだめかといわれたのに「大復活劇」。そのきっかけは、新社長が掲げた「プライド」にあった。

米投資会社が再建に取り組む

シーガイアは開業以来初の黒字化を達成した
シーガイアは開業以来初の黒字化を達成した

   フェニックスリゾートの2007年3月決算は、営業利益が2億2200万円となり、94年の「シーガイア」オープン以来、初めての営業黒字になったことが07年7月24日までに明らかになった。同社によれば、売上高は前期比2.6%増の142億円で、最終赤字は2億9,900万円。前期の12億2,600万円から赤字幅も大きく圧縮した。

   経営破綻に陥った同社を01年9月に買収した米投資会社RHJインターナショナル(旧リップル・ウッド・ホールディングスL・L・C)が再建に取り組んでおり、コスト削減を実施、一方でクオリティを充実させて、集客や客単価を向上させた。

   同社は1,200億円以上の巨額赤字を抱え01年に経営破綻。当時の負債総額はグループ会社も合わせて第3セクターでは過去最大規模となる3,261億円にのぼり、宮崎地裁に会社更生法を申請した。宮崎県と宮崎市が出資していたこともあり、このときには当時の宮崎県知事の「責任問題」にまで発展した。

   一体、何が「シーガイア」を変えたのか?

   同社はJ-CASTニュースの取材に対し、

「MICE(企業等のミーティング、企業報奨・研修旅行、国際会議)などの誘致に成功したことのほかには、温泉施設やホテルの客室の改装やゴルフ場の拡充で集客率や客単価が上がったことが要因」

と分析する。同社は温泉施設を全面的に改装して、女性向けのスパを充実させたほか、客室も全面改装することでクオリティを向上させ、新規顧客と富裕層の顧客開拓に成功した。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中