甲子園決勝のあの1球 「なんでボール?」で大激論

印刷

   07年夏の高校野球甲子園大会決勝(2007年8月22日)で、佐賀北高校に敗れた広陵高校の中井哲之監督が、試合終了後「審判の判定がひどすぎる」と怒りを記者団にぶつけたことが物議を呼んでいる。明らかなストライクをボールと判定され押し出し。ピッチャーが動揺し次のバッターに逆転満塁ホームランを打たれた、というものだ。ネットでも話題になっていて、ホントのところ、ストライクだったのかボールだったのか。

普段は何も言わない子供たちが「先生、たまりません」

各紙は広陵・中井監督が猛抗議する様子を伝えている
各紙は広陵・中井監督が猛抗議する様子を伝えている

   中井監督が「ひどすぎる」と問題にしたのは、8回裏の一死満塁。カウント1-3から広陵の野村裕輔投手が投げた5球目。ボールと判定された。中井監督は絶対にストライクだったとし、怒りに震えながら記者団に、

「あんな判定をされるとどう対処していいのかわらない。どこに投げたらストライクなんですかね。あの押し出しで野村は腕が振れず真ん中に投げるしかなかった。普段は何も言わない子供たちが『先生、たまりません』と。負けた気がしない」

などと話した、という。審判に対する批判を記者団にするのは異例中の異例。だからこんな言葉が出た。

「言っちゃいけないことは分かっている。でも、言わないと変わらないでしょ!?。高野連は考えてほしい。辞めろと言われれば辞める」

   一方、桂等球審は中居監督の発言を受け、07年8月23日付の「日刊スポーツ」に、

「低いと思った。ミットが下から上に動いていた。ボール、ストライクは私の責任。(判定にも)バラつきはなかった。あれは低かった」

とコメントしている。

   では実際どうだったのか。VTRで確認すると、ストライクのようにも見える。テレビ朝日系報道番組「やじうまプラス」ではこの話題を取り上げ、経済評論家の伊藤洋一さんが、

「僕はストライクだと思った。投手が笑っていたのは『え――?』という事。何か一言(ジャッジに対して)言えてもいい状況だったのではないか」

と話した。実は、あの試合でバッターボックスに立っていた佐賀北の井出和馬選手も07年8月23日付けの「サンケイスポーツ」に、

「8回の押し出しはストライクと思った」

とコメントしているのだ。

   インターネットの掲示板やブログを検索すると、やはり「ストライク」と見ている人が圧倒的に多い。だからなのか、「なぜボールにした?」という疑問から、「過去の試合も佐賀北にひいきしていた」「9回の広陵の攻撃で、サードへのヘッドスライディングも(アウトになったが)セーフだろ!」といった様々な憶測も生まれている。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中