2019年 11月 20日 (水)

小島よしおVS「涙」の上島竜兵 「熱湯風呂」騒動の真相

印刷
建築予定地やご希望の地域の工務店へ一括無料資料請求

「笑っていいとも」は、誤解を解くいい機会になった?

   「ダチョウ倶楽部」の所属事務所、大田プロダクションの担当マネージャーはJ-CASTニュースの取材に応じ、あの「事件」の真相をこう話した。

「怒っているなんてとんでもない。実はネットで大騒ぎになっているのを知っていて、なんでこうなっているのかと。小島君が気の毒だ、と心配しているんです」

   もともと小島さんと「ダチョウ倶楽部」は所属事務所が違うものの仲がよく、また、マネージャー同士も親しい関係なのだという。小島さんは勢いで行く芸風のため、今回の「事件」も生放送ならではのハプニングだと思っていて、「自分達の新人の頃」を思い出しているのだそうだ。こうした騒ぎの中、今回の「笑っていいとも」での競演は、誤解を解くいい機会になったと考えていて、

「これからも競演の機会があれば喜んでしますし、今後も(小島さんを)支援させてもらいたい、とも思っているようです」

というのだ。そういえば、「24時間テレビ」で小島さんと上島さんは2人で「はいっ!おっぱっぴー!」と踊っていた。「俺たち、アドリブに弱いんだよな」というセリフも同じだった。上島さんが「笑っていいとも」で涙ぐんだのも、そんな小島さんに対する思い、からなのかもしれない。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中