JTと日清食品が加ト吉の買収を検討

印刷

日本たばこ産業(JT)と日清食品が、冷凍食品大手の加ト吉(香川県)を共同で買収することを検討していると2007年11月20日に新聞各紙が一斉に報じた。加ト吉は不正な取引で売り上げを水増ししていた問題が発覚し、創業者が社長職を引責辞任。JT出身の金森哲治社長のもとで経営再建を進めていた。今後、JTがTOBで加ト吉の全株式を取得し、49%を日清に譲渡する方向で調整している。買収総額は1000億円程度となる見通し。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中