2019年 9月 21日 (土)

「TBSニュース」の「エコー」掛かり過ぎ 「ユーチューブ」になぜか英語の書き込み

印刷
建築予定地やご希望の地域の工務店へ一括無料資料請求

   TBS系ニュース「JNNニュース」が2007年11月24日に報じた北海道の雪崩死亡事故で、およそ75秒間、現地からの中継した音声に強いエコーがかかった。「ユーチューブ」にもこの放送がアップされ、なぜか英語で300近いカキコミがされている。

強いエコー、75秒も流れ続けた

「ユーチューブ」には、英語で大量のコメントが書き込まれている
「ユーチューブ」には、英語で大量のコメントが書き込まれている

   問題の放送は、バラエティー番組「王様のブランチ」の途中で放送されたお昼の「JNNニュース」。長峰由紀アナウンサーがトップニュースとして北海道十勝連峰で起きた雪崩事故を、

「巻き込まれた4人の死亡が確認されました。現地から中継です」

   と報じた。カメラは現地に切り替わり、雪に埋まった山付近が映り、防寒具を着込んだ男性アナウンサーが話し始めたとたん、強いエコーがかかって聞き取りにくくなった。雪崩に巻き込まれたものの生還したメンバーのコメント、

「残念です。申し訳ありません」

   インターネットの掲示板では、

「めっちゃカオスニュースだった」
「見てたwwトラウマもんだw」
「カラオケ行った時にイタズラした事を思い出した」

   などのカキコミが。約75秒と長かったものだから、

「結構長いなw途中で止めるとかしろよw」

   という苦情もあった。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中