2018年 7月 21日 (土)

行革相が「toto」廃止を文科相に求める

印刷

渡辺行政改革相は2007年12月5日、渡海文部科学相に対し、サッカーくじ「toto」の事業について、繰越欠損金が解消した時点で廃止を決めるよう求めた。独立行政法人の整理合理化計画策定に向けての会談の中で述べたもの。しかし、文科相は「BIG」の好調などにより3年ほどで欠損金が解消するという見込みを述べ、「2010年に結論を出したい」とすぐには応じなかった。totoは、スポーツ振興くじとして「日本スポーツ振興センター」が運営している。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中