2019年 9月 22日 (日)

「セレブって成り上がり者?」 「つんく」がブログで問題提起

印刷
ロート製薬『セノビック』500円モニター募集!

「カリスマ」という言葉が新鮮味を失い、代わりに登場?

   同コラムによると、「カリスマ」という言葉が乱発されて新鮮味を失い、女性誌などが代わりに「セレブ」という言葉を多用するようになったらしい。コラムでは、「新語」に困惑している様子だが、この5年ほどで「セレブ」という言葉が、新聞紙面でも「お金持ちな・豪華な」という文脈で使われることが増えている。例えば、07年1月21日の朝日新聞(三重県版)では、松阪牛入りの特製巻き寿司が発売されたという記事に

「松阪牛入り セレブな節分巻き」

という見出しが付いているし、銀行が富裕層向けに店舗展開する、という経済面のニュースも

「白金にセレブ銀行」(06年4月21日、朝日新聞)

との見出しで報じられている。一般的に使われている言葉としては、「お金持ち・高級」という意味での認知が広がっている模様だ。

   なお、07年12月に発売されたばかりの「現代用語の基礎知識2008」で「セレブ」の項目を調べてみると、

「有名人。名士。一流人。セレブリティ(celebrity)の略。『セレブな』は『有名な、一流の、高級な』の意」

とのことで、まだ辞書的な意味としては「セレブ=成金・成り上がり」ということにはなっていないようだ。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中