2019年 8月 18日 (日)

ファンドマネージャーをゲームで発掘 日興アセットの「投信王」

印刷
人気店や企業から非公開の招待状をもらおう!レポハピ会員登録

   資産運用会社の日興アセットマネジメント(日興AM)は2008年1月17日、資産運用の「腕自慢」たちがインターネット上で投資信託のパフォーマンス(運用成績)を競うシミュレーション・ゲーム「投信王」を始めると発表した。年間最優秀者には、日興AMのファンドマネージャーとして実際に活躍する道が拓けるという。この日の記者会見で、タレントの眞鍋かをりさんが若手個人投資家の代表として登場、「投信王」への参加を呼びかけた。

本物のファンドマネージャーとガチンコ勝負も

凄腕ファンドマネージャーの誕生なるか。「投信王」をPRする眞鍋かをりさん
凄腕ファンドマネージャーの誕生なるか。「投信王」をPRする眞鍋かをりさん

   「投信王」は、ファンドマネージャーを発掘するための「オープン・コンペ」的な存在だ。年間最優秀者には、日興AMでのファンドマネージャーとして活躍する道が拓ける。投資の経験によらず誰でも参加でき、手持ちの資金10億円と仮定し、東京証券取引所第1部に上場する日本株式を自由に売買。個別の株式銘柄の売買には0.25%(片道)のコストがかかるなど、実際の投信と同様の条件で競う。1月18日から、参加者の仮登録を開始。3月3日からのトライアルを経て、4月1日が本番になる。参加者は「習うより慣れろ」のやり方で、資産運用のノウハウが得られ、基準価格の算出方法など投信の仕組みもわかる。
   「投信王」には日興AMの凄腕ファンドマネージャー、椋田浩章氏も参加。椋田氏が運用する「キャピタル・オープン」の運用成績を上回れば、「優秀賞」となる。1年間を通じて日興AMのファンドのパフォーマンスを上回り、かつ上位5人に残った人は「年間投信王」となる。それだけの実力の持ち主なのだから、日興AMとしても放っておけないというわけだ。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中