2019年 9月 15日 (日)

倖田涙の謝罪インタビュー 「軽率だった」と繰り返す

印刷
糖の吸収を抑える、腸の環境を整える富士フイルムのサプリ!

   歌手の倖田來未さん(25)がラジオ番組で「35歳をまわるとお母さんの羊水が腐ってくる」などと発言した問題で、倖田さんはニュース番組にVTRで出演、涙ながらに謝罪した。一方、「申し訳ありませんでした」というストレートな言葉は少なく「軽はずみだった」「軽率だった」といった言葉を繰り返し口にした。

バッシングが予想外だったことを明かす

   倖田さんが出演したのは2008年2月7日放送のフジテレビ系「FNNスーパーニュース」。吉崎典子アナウンサーのインタビューに答えるかたちで、VTRで出演した。収録は2月6日、フジテレビ局内で1時間弱にわたって行われたという。

   倖田さんは黒のパンツスーツに白のシャツ姿で、「スッピン」に近い、薄い化粧で登場した。
   番組冒頭、倖田さんは

「軽率で申し訳なかったです。正直に話しますと、すごくあのー、びっくりしたところもありましたし…」

と、世間からのバッシングが予想外だったことを明かした上で、

「本当に自分の行動だったり、言動っていうのは、しっかりとしなければいけないと改めて感じさせられました」

などと反省の弁を口にした。

   さらに、このように「軽率だった」という面を強調した。

「すごく軽率というか、軽はずみな言葉だったので、どれだけ普段自分が軽い気持ちで言葉を電波に乗せて話してしまったのかなというのを改めてこうやって感じまして…。倖田來未の発言で傷ついた方たちに謝りたいな、っていう気持ちと、とにかくしっかり皆さんの言葉を受けての反省というものをすごくしなければいけないなとすごく感じていますね」

   発言の経緯についても「知識がなかった」などと釈明した。

「高齢になってくると出産が大変になってくる話とか、すごく子どもというのに自分自身が興味があって…。うちのマネジメントの子に早く子どもを産んで欲しいなぁ、という気持ちをと伝えたかった、というのがありまして…。それが、全く自分に知識がない中で、医学の知識がない中で、軽はずみな言動をしてしまったので…」

   あくまでも「真意が伝わらなかった」との立場だ。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中