2020年 8月 10日 (月)

メキシコで「亀田ジム」旗揚げ? 協栄ジムとの軋轢で疑い深まる

どうする老後2000万円問題!?保険で備える老後資金!

   ボクシングの亀田家と協栄ジムが離反の危機を迎えている。協栄ジムの金平桂一郎会長(42)が、亀田兄弟が勝手なことをしているとして、復帰戦の中止や解雇までほのめかしているからだ。亀田家側も独自の動きを見せており、TBSと組んで独立するのではとの憶測すら出ている。

ジムが亀田兄弟の解雇など示唆

亀田兄弟の公式サイト
亀田兄弟の公式サイト

   亀田3兄弟のうち二男の大毅選手(19)は、反則行為で1年間のボクサーライセンス停止になった。しかし、新聞各紙によると、東京都内で1月27日に追突による物損事故を起こし、2月12日には報道陣に「車っちゅうのはぶつけるもんや」などと発言。これが、18日に開かれた東日本ボクシング協会の理事会で、「不謹慎だ」などと問題にされた。出席した協栄ジムの金平会長は、注意を受けて謝罪したが、報道陣に対し、「知らないことをやり過ぎ」と不満を露わにした。そして、大毅選手の解雇の可能性まで示唆したのだ。

   一方、長男の興毅選手(21)に対しても、金平会長は不満をぶつけた。興毅選手は、反則問題で3か月の試合自粛処分を受け、3月22日に千葉・幕張でノンタイトルの復帰戦が予定されている。しかし、各紙によると、前出の理事会は、2人が反則問題で協栄ジムの監督下に置かれるはずなのに、ジムにあまり姿を見せていないことを問題視。また、興毅選手らが、ジムに相談なく、メキシコでマンションを借りて練習拠点にしていると批判した。これに対し、金平会長は2月19日、亀田家との話し合いができていないとして、報道陣に対し、興毅選手の復帰戦の中止すらほのめかした。

   協栄ジムの広報担当者は20日、J-CASTニュースの取材に対し、これらの動きを認めたうえで、現状をこう話した。

「大毅の解雇については、まだ分かりません。すべての可能性を否定しないということです。興毅の復帰戦については、中止の方向では動いていませんが、興毅の最近の動きが把握できていないということはあります。亀田家との交渉は、まだ実現の話を聞いていません」
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中