2020年 11月 25日 (水)

伸び悩みコンビニの新戦略 ファミマ、セブン「ファストフード」化?

健康への新アプローチ。大正製薬の乳酸菌入りごぼう茶が初回たったの980円。

   コンビニエンスストアがファストフード店化してきた。ファミリーマートはサンドイッチのファーストフード・チューン、サブウェイとの共同店舗を展開する。セブンイレブンもフライドチキンなどを店内で調理して販売する店舗を拡大する。コンビニ業界は店舗網が飽和状態になりつつあることや売上げが伸び悩むなど厳しい経営環境にあり、新戦略として外食業界とのコラボレーションや「ファストフード店」化を打ち出した形だ。

外食とのコラボ、「利用者のチョイス広がり、マイナスではない」

コンビニは「ファーストフード店化」するのか(写真はイメージ)
コンビニは「ファーストフード店化」するのか(写真はイメージ)

   2008年4月8日からファミリーマートはサブウェイとの共同店舗を展開する。東京・神田小川町に第1号店をオープン、30日には御茶ノ水駅前店を出店する。ファミリーマートによるとコンビニが外食チェーンと組むのは初めての試みという。ファミマはサブウェイを選んだことに、「小さな店舗から比較的大きな店舗まで、フレキシブルに対応できるところを考慮した」とし、「サブウェイとは5~10か店程度出店できればと話している」という。

   サブウェイ側も、「当社の店舗は約8~25坪と比較的小さなスペースですむため、これまでは立地がよくても、大きなスペースの場所には出店しにくかった。ファミマとの共同出店で、それが解消できる。また集客力も通常の店舗より2、3割は増えそう」と期待する。

   4月8日に初めて共同で出店する神田小川町3丁目店は、ひとつの入り口から店内に入れて、1階がコンビニの売り場、半地下のスペースがサブウェイになっていて、そこには17席を用意している。

   今後出店する共同店舗の店内も、基本的にはこの店舗のように売り場スペースを分ける考えで、サブウェイも「コンビニ商品を持ち込んでの飲食は遠慮してもらいたい」と話している。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中