2018年 7月 23日 (月)

「アリゾナ老人」ハルヒ語る ユーチューブ動画日本でも話題

印刷

   米国アリゾナ州のお年寄りが日本アニメを紹介したユーチューブ動画が、日本でも話題になっている。なぜアニメばかり情熱的に語るのか、その不思議さが受けているようだ。

「星4つだ 笑えたからね」

ニコニコ動画に転載された「アリゾナ砂漠在住の老人、ハルヒを語る」
ニコニコ動画に転載された「アリゾナ砂漠在住の老人、ハルヒを語る」

   日本アニメ紹介の英語の動画をユーチューブに投稿している男性は、「グランピィじいさん」と名乗っている。2007年8月ごろから投稿し始めたとみられ、すでに50作以上を数えている。その多くが、ニコニコ動画にも「アリゾナ老人」「アニメ仙人」のニックネームで転載され、日本語の字幕やコメントがついて人気だ。

   例えば、ニコニコ動画に転載された初期の動画「アリゾナ砂漠在住の老人、ハルヒを語る」。ほかの動画と同じように、男性は、砂漠の中にカーキ色の帽子、リュック姿で現れ、カメラの前で語り始める。白いアゴひげをたくわえ、情熱的なまなざしで日本アニメの魅力を語る様子は、独特の味を出している。

   この動画では、英語版DVDをもとに人気アニメ「涼宮ハルヒの憂鬱」のことを語っている。まず「高校を舞台にしたコメディでばかげたアニメだ あまり私の好きなジャンルのアニメじゃないが」と断ったうえで、アニメを見て何度も笑ったことを明かす。

   少女ハルヒが高校で少年のキョンとともに宇宙人などを探す部を作るという展開に、「一見ばかげたストーリー展開ながらも、一貫したすっきりしたものになっているのは、キョンが適宜解説役を務めているからだ」と指摘。そのうえで、「その解説にはちょっと見下した感じというか、皮肉っぽさが常に漂っていて、それが作品にリアリティみたいなものを与えている」と語る。ハルヒの第1巻については、「星4つだ 笑えたからね」と評価している。

「あの年齢で日本アニメを鑑賞できるのが凄い」

   一方、人気アニメ「ひぐらしのなく頃に」については、「このシリーズの流れは私をとても驚かせるくらい効果的だった」として、この第1巻にも4つ星をあげたいとした。このほか、「ルパン三世」「舞-HiME」などを紹介する動画も手がけている。

   ハルヒのユーチューブ動画は、これまでに4000回ほど再生され、アメリカ人などから「クール!!」「ガンダムについてもレビューしてほしい」と英語のコメントが10件ほど寄せられている。

   「グランピィじいさん」の動画は、むしろ日本人に人気なようだ。ハルヒのニコニコ動画の転載は、1万5000回ほど再生され、1300件ほどのコメントがついている。コメントでは、「くわしいな」「あの年齢で日本アニメを鑑賞できるのが凄い」などと驚きの声が上がっている。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中