2019年 1月 21日 (月)

羽田空港国際線が本格化 深夜、早朝に欧米各都市へ定期便

印刷
糖の吸収を抑える、腸の環境を整える富士フイルムのサプリ!

   冬柴鐡三・国土交通相が羽田空港の国際線を増やす方針を正式に表明した。2010年の空港再拡張(第4滑走路の完成)に伴って、羽田空港発着の国際線(現在はソウルと上海などへのチャーター便のみ就航)を現在の年間約9000回から約6万回へ大幅増。国際線「定期便」は北京や台北にまで拡大し、深夜・早朝には欧米各都市にも運航するという画期的なものだ。

近距離アジアへのビジネス路線は北京や台北、香港に

羽田空港は国際線を増やす方針
羽田空港は国際線を増やす方針

   冬柴大臣が2008年5月20日の経済財政諮問会議で明らかにした「首都圏空港(羽田・成田)における国際航空機能拡充プラン」は、これまでチャーター便でソウルと上海にしか就航していなかった国際線を、北京や台北、香港にまで拡大し、しかも近距離アジアへのビジネス路線として「定期便」を運航する構想。

   さらには、騒音問題で23時から翌朝6時まで飛べない成田空港に代わって、深夜・早朝にも約3万回、こちらは欧米をはじめとした世界の主要都市に国際旅客定期線を実現するという。国交省は「羽田と成田の連携で、首都圏全体の国際航空機能を24時間化する」と、「一体活用」を強調する。

   しかし、2010年以降の首都圏の空港容量を約17万回と見積もり、このうち成田を約2万回、羽田の昼間を約11万回、深夜・早朝約4万回に増枠する予定なのだから、「羽田シフト」が強まることは間違いない。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
20代で資産4800万円超え! 兼業トレーダーが選んだ「恐怖指数」ってなんだ?

高校生時代から、アルバイトを掛け持ちしてコツコツと貯めた50万円を元手に、20歳から株式投資を始め、研究に研究を重ね、投資の「極意」をつかんだ。その結果、現在手元には4800万円を超える資産が。日々サラリーマンをしながら、わずか7年で、資産をおよそ100倍近く増やした。

PR 2018/11/19

20181221_ohaka.jpg
親の「人生の最後」、本気で想像したことある?

2010年の新語・流行語大賞にもノミネートされた「終活」。残された家族のためを思い、「人生の最後」を前向きにとらえて活動している人も多いようだ。最近の終活需要の高まりはニュースなどでもよく耳にする。

PR 2018/11/16

姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 「無期転換ルール」、新たな「働き方」は軌道に乗っていますか?

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中