Toshiが語る 「X JAPAN」再結成の真相

印刷

   「X JAPAN」のヴォーカルToshiさんは、10年に及ぶソロ活動の後にX JAPANを再結成した心境の変化を、2008年6月22日号「婦人公論」(中央公論新社)のインタビューで告白している。

「X JAPAN」のヴォーカルのToshiさんは心境の変化を語った
「X JAPAN」のヴォーカルのToshiさんは心境の変化を語った

   X JAPANを再結成するきっかけとなったのは、07年夏にリーダーのYOSHIKIさんと食事をしたことだった。

「YOSHIKIのスタジオで、hideが死んですぐに作ったという『Without you』を聴かせてもらい、僕も感動して、すぐにYOSHIKIのピアノに合わせて歌ってみたんです」

   その歌詞には、「あなたなしでも、それでも私は生きてゆく、あなたがたとえ死んで、どんなに悲しくても、つらい境遇でも、それでも私は生きてゆく」と、YOSHIKIさんのhideさんへの想いが描かれている。

   しかしToshiさんは、「生命の歌に、僕には聴こえた」と語っている。それまでは再結成に積極的ではなかったToshiさんだが、

「そんな曲を、今のこの時代に、みんなに届けたいという思いが、X JAPAN再結成の最初のきっかけになったと思います」

と明かしている。

X JAPAN活動とヒーリング音楽を両立

   今後は、X JAPANとしての活動と、今まで通りヒーリング音楽も両立させていくという。

   08年4月9日の自身のブログでも、

「今後も、たとえメジャーになったとしても、地方を回ったり、地道にやることも自分のフィロソフィーです。
様々な場所で、本当のメッセージを直接伝えたい」

と、決意を新たにしている。

   X JAPANは1997年にToshiさんの脱退により解散。Toshiさんはその後、当時はまだ珍しかったヒーリング(癒し)音楽の歌手として活動するようになる。あまりに唐突な転身から、Toshiさんが絶大な信頼を寄せている音楽プロデューサーで自己啓発セミナーを主催しているMASAYAさんに洗脳され、脱退させられたのではないかという憶測が飛んだ。

   しかしこれについては、同誌のインタビューで、

「MASAYAが僕を辞めさせたという話も出ていましたが、まったく逆」

と、きっぱりと否定している。

「X JAPANは世界進出に向かっていたけれど、自分は本当にそれをやりたいのか、疑問がありました。バンドがだんだん大きくなっていくなかで、少し違うように感じてた」

   X JAPANは長い沈黙の後、2007年10月に再結成を発表。08年3月には東京ドームで3日間の復活ライブを実施した。7月にはパリ、9月にはニューヨークでの公演を控えている。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中