2021年 5月 12日 (水)

「お笑い」つまらなくなったワケ 横澤彪さんに聞く(上)

来店不要なのでコロナ禍でも安心!顧客満足度1位のサービスとは?

「くそじじい」なんて言われると、ちょっとうれしい

――お笑いを細切れに扱い過ぎている、というのはどういう意味ですか。

横澤 短いネタや一発ギャグをショーケース的に紹介する傾向が強すぎるんだ。芸人は「ギャグで受けギャグで死ぬ」と以前から言われてきた。ただ、ギャグだけじゃ、すぐに飽きられてしまう。しっかりネタを作り上げないと。今のテレビの現状を考えると、瞬間的というか、細切れというか、そんな傾向が出てくるのは分からない訳ではない。それでも、大げさに言うとネタへの冒涜だ、と思える番組が多すぎる。

――番組への厳しい意見に対しては、読者から厳しいコメントが寄せられることもあります。

横澤 批評するときは、なるべくいい所をフィーチャーしたいと思っている。いい所はいい、でもつまんない所ははっきり指摘する。まあ、テレビウォッチ編集部がつける見出しは厳しい点をフィーチャーしてる気もするけど(笑)。コメントは大歓迎。いろんな見方、意見があるなと参考になる。実はね、「くそじじい」なんて言われると、ちょっとうれしいんだ。

   *<編集部注>*
J-CASTテレビウォッチで連載中の「横澤彪のチャンネルGメン69+1」が、「テレビの貧格」(東洋経済新報社、1400円=税別)として出版されました。出版を記念して、テレビウォッチでは、横澤さんの直筆サイン入り「テレビの貧格」を5人の方にプレゼントします。みなさんに川柳に挑戦して頂き、「優秀賞(Gちゃん賞)」に選ばれた5人の方へ郵送させて頂きます。詳しくは以下の記事に載っています。

   *「『川柳で 横澤さんに 挑戦だ』 サイン本プレゼント」(2008年6月24日)


【横澤彪さんプロフィール】

1937年生まれ。東京大学文学部社会学科卒業後、フジテレビのゼネラル・プロデューサーや吉本興業専務、鎌倉女子大教授などを歴任した。フジテレビ時代には「笑ってる場合ですよ!」「オレたちひょうきん族」「笑っていいとも!」などの人気番組を手がけた。著著に「30代からの自己プロデュース」(新講社)などがある。


今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中