2019年 8月 21日 (水)

「前科43犯ぜひ45目指してほしい」 司法修習生軽率ブログが閉鎖

印刷
142万人に支持されるダイエットプーアール茶が今なら980円で!

   ブログやミクシィ日記での「うっかり発言」で社会的立場を失うケースが相次ぐなか、日本の試験制度で最難関ともいわれる司法試験を突破した男性のブログがトラブルに巻き込まれた。検察で取り調べを行う様子など、司法修習の内容が詳細につづられており、裁判所法の守秘義務違反の疑いが持たれているのだ。それ以外にも、高い倫理観が求められるはずの法曹職としては軽率とも受け止められかねない発言も散見され、波紋を呼んでいる。

初めて被疑者の取り調べを行った様子を告白

ブログの内容が波紋を呼んでいる
ブログの内容が波紋を呼んでいる

   問題化したのは、長崎市内で実務修習をしている20代後半の男性が開設していたブログ。

   元々は都内の有名大学でのロースクール生活が綴られていたが、07年秋に司法試験に合格してからは、「司法修習生のなんとなく日記」というタイトルがつき、修習の様子が紹介されている。

   司法修習生は国家公務員に準じる身分で、裁判所法に基づく規則で守秘義務を負っている。ブログの内容が、これに違反している疑いが持たれている。

   例えば、08年2月15日の記述では、初めて被疑者の取り調べを行ったことを告白。その様子を紹介している。

「相手は80歳のばあちゃん。 最初はいろいろ話を聞いてたけど,途中から説教しまくり。おばあちゃん泣きまくり。 おばあちゃん,涙は出てなかったけど。
けど,なんで20代の若造が80歳のばあちゃんを説教してるのか。それに対してなんで80歳のばあちゃんが泣いて謝ってるのか。なんとなく,権力というか,自分の力じゃない力を背後に感じた」

   この記述だけで被疑者を特定できるかは不明だが、業務で知り得た情報には間違いなさそうだ。

   また、2月29日付の記述では、刑務所を見学した際の受刑者の様子を

「ぼくらが工場に足を踏み入れたときの,受刑者たちの視線が痛かった。 自分たちの縄張りに土足で外の者が入るな。と。 ただ,工場で作業をしている受刑者たちは,なんだかロボットのようで,彼らの心が読めなかった。何を考え生きているんだろうか」

と表現した上で、

「偶然にも,いま自分が取り調べ中の被疑者は,刑務所出所後5日目に,また犯罪行為に出た人で,なんかその被疑者を見ていると,この人は刑務所でしかうまく生きていけないんじゃないかと感じた」

と暴露。4月9日付けでも、被疑者の経歴について触れた記述がみられる。

「すごい人がいました。前科43犯。この人70歳そこそこ。そのうち37年くらい刑務所暮らし 20歳以降で言えば,37/50くらい。43もいくということは,しょぼい犯罪ばかり繰り返してるということ。 ぜひ45目指してほしい」
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中