2018年 7月 17日 (火)

iPhone異常人気 マスコミ報道には注意が必要だ

印刷

   米アップルの新型携帯電話「iPhone(アイフォーン)3G」が日本を含む世界21カ国・地域で2008年7月11日に発売され、わずか3日間で100万台を販売したという。出足としては、業界の予想を上回る好調な売れ行きで、日本国内ではアイフォーン3Gの契約先となるソフトバンクモバイルの販売台数シェアが、初日はNTTドコモを抑えて50%を超えたという。もちろん、ソフトバンクのシェア50%はアイフォーン特需に伴う瞬間風速。しばらくたってみないと好不調の判断はできない。話題先行の新型アイフォーンのマスコミ報道には注意が必要だ。

販売初日の11日のシェア40.8%でトップ

予想を上回る好調な売れ行きをみせた「iPhone」
予想を上回る好調な売れ行きをみせた「iPhone」(写真は発売セレモニーで)

   アイフォーン3Gの100万台突破について、アップルのスティーブ・ジョブスCEO(最高経営責任者)は「アイフォーン3Gの発売後、初の週末は素晴らしいものになった。初代アイフォーンが100万台に達するのに74日かかったことを考えると、新しいアイフォーン3Gは世界中で素晴らしいスタートを切ったことになる」と、自画自賛して見せた。

   初代アイフォーンは2007年6月に米国で発売後、世界で600万台売れるヒット商品となったが、2代目がこれを上回るのは間違いない。日本国内の携帯端末は100万台売れれば大ヒットとされるだけに、世界市場でわずか3日で100万台というのは、業界の常識を覆すすさまじい数字だ。

   日本国内の人気ぶりを裏付けるデータもある。市場調査会社「GfKジャパン」によると、携帯端末のモデル別販売数量シェアで、アイフォーン3Gは販売初日の11日に40.8%でトップとなり、ソフトバンクモバイルの販売数量シェアも前日10日の19%から50%に上昇したという。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中