2019年 1月 20日 (日)

宇多田ヒカル 写経で手の平に謎のあざ

印刷
数独ポータルはじめました!3問解いてAmazonギフト券ゲットしよう!

   歌手の宇多田ヒカルさんは写経をしていたら手の平にあざができたと、2008年7月28日のブログに書いている。

「昨日、さんざん絵描いたり筆ペンでニセ習字やったりボールペンでノートに写経したりしてたら、なんとまあ! 手の平にあざができたっす」

   最初は、「ん? これなんだ? インクが手のひらについちゃったのかな」と思ってシャワーをあびたが、「落ちねー」。ブログには手の平の写真を載せている。写真ではあざがよく見えないが、丸いあざが3つあるそうだ。ペンを握った時に中指があたるところ、薬指があたるところ、紙に接触するところだ。

「絵を描く時はそんなに力入れないから、多分ペンで写経してる時に長時間力み過ぎたのか・・・?」。

   宇多田さんが写経をするのにも驚きだが、あざができるとはよほど真剣に取り組んだのだろう。

「手のひらにあざができたのなんてバッティングセンターに行って以来だわ!」

   ちなみに写経のお気に入りは、「唯識三十頌」だという。三島由紀夫の「豊饒の海」4部作で知ってからは、「ずっとこれ」だ。

20代で資産4800万円超え! 兼業トレーダーが選んだ「恐怖指数」ってなんだ?

高校生時代から、アルバイトを掛け持ちしてコツコツと貯めた50万円を元手に、20歳から株式投資を始め、研究に研究を重ね、投資の「極意」をつかんだ。その結果、現在手元には4800万円を超える資産が。日々サラリーマンをしながら、わずか7年で、資産をおよそ100倍近く増やした。

PR 2018/11/19

20181221_ohaka.jpg
親の「人生の最後」、本気で想像したことある?

2010年の新語・流行語大賞にもノミネートされた「終活」。残された家族のためを思い、「人生の最後」を前向きにとらえて活動している人も多いようだ。最近の終活需要の高まりはニュースなどでもよく耳にする。

PR 2018/11/16

姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 「無期転換ルール」、新たな「働き方」は軌道に乗っていますか?

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中