インドネシア人看護師ら200人が来日

印刷

   日本とインドネシアとの経済連携協定(EPA)に基づいて、インドネシア人看護師ら200人が2008年8月7日、来日した。日本がEPAに基づいて外国人労働者を受け入れるのは初めて。国内の医療福祉現場では人手不足が深刻化しており、すでに100病院・施設が受け入れを決めている。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中