九電、福岡に大規模太陽光発電所を建設

印刷
「メガソーラー」イメージ図
「メガソーラー」イメージ図

   九州電力は2008年8月25日、04年に廃止した「港発電所」(福岡県大牟田市)跡地に、大規模太陽光発電所(メガソーラー)を建設する、と発表した。出力は3000キロワットで、太陽光発電としては九州最大。2010年度の運転開始を目指す。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中