JR東・西が初の試み 「第2新卒」に運転士の道開く

印刷

   JR東日本JR西日本は、2009年春に入社する正社員について「第2新卒者」を募集する。1987年4月のJR発足後、初めてのことだ。しかも、これまでJRがコツコツと育ててきた、「運転士」などの鉄道の最前線で勤める「鉄道職」にも門戸を開くという。安全運行を重視し、「より優秀な人材を確保する」(JR西日本)ためだという。

優秀な人材確保に動く

第2新卒者が「運転士」になることも可能となる(写真はイメージ)
第2新卒者が「運転士」になることも可能となる(写真はイメージ)

   JR西日本によると、来春入社を予定している「第2新卒」の採用人数は50人。09年3月時点で30歳未満であれば、高卒、短大、大卒を問わず応募できる。採用枠は、運転士や車掌、保線管理などを行う「鉄道職」だ。同社広報部は、「もともと今年度の採用計画(新卒者約860人)で、第2新卒者を(募集に)含めることで検討していました。それが正式に決まったということです」と経緯を説明する。

   人材の確保は業種の垣根を越えて競争が激しくなって、どの企業も頭を痛めているが、JR西日本も「第2新卒」に照準をあわせて「優秀な人材確保」に巻き返す。

   JR東日本も「詳細は未定」としているが、09年4月に入社する「第2新卒」の募集を近く開始する。採用枠には「鉄道職」も含まれる予定だ。

   09年春の新入社員は、新卒採用の総合職にあたるポテンシャル採用が200人、鉄道職や技術職などのプロフェッショナル採用が1160人。これに、社会人採用の340人(いずれも、計画ベース)と「第2新卒」が加わる。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中