京都「市民会議」、コンビニ業界に参加要請決める

印刷

   コンビニエンスストアの深夜営業の是非について議論するための京都市の市民会議「環境にやさしいライフスタイルを考える市民会議」が2008年8月27日、初会合を開いた。コンビニ業界団体「日本フランチャイズチェーン協会」が「委員選考の基準が不透明」などとして不参加を表明していたことを受け、市民会議として同協会に会議に参加することを要請することを決めた。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中