2018年 7月 20日 (金)

「書籍検索で文章読める」 文芸家協会が異議申し立て

印刷

   日本文芸家協会はこのほど、出版社約500社に対し、インターネット検索で本の文章の一部を公開するには著作権者に許諾を得るよう求める文書を送った。

   グーグルやアマゾン、ヤフーの無料の書籍検索サービスでは、文章の一部を読んだりすることができる場合がある。全ページの2割が読める場合もあり、詩歌など種類によっては中身の大半が分かるという。このため、本が売れなくなるとして、2008年10月16日付で文書を送ったとしている。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中