2019年 12月 15日 (日)

「モスバーガー」など日本の外食チェーン 豚肉使わないインドネシアに次々進出

印刷
人気店や企業から非公開の招待状をもらおう!レポハピ会員登録

豚肉の料理は牛肉に変えて出す

   メニューで問題になるのが豚肉。イスラム教徒が大半を占め、宗教上の理由で使えないからだ。

「日本で豚肉を使っている料理については、牛肉に変えて提供しています」(大戸屋広報)

   「モスバーガー」はパティに牛肉と豚肉の合い挽きを使用しているのが特徴だが、

「宗教上の問題に配慮して豚肉は使わない」

と同社広報は話す。

「インドネシアは今後も経済発展が進むと考えられ、外食産業の需要は拡大する」

といい、今後の展開に自信を深めているようだ。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中