2019年 2月 23日 (土)

ラサール石井、ブログで「麻生批判」 バッシング受けてすぐに削除

印刷
人気店や企業から非公開の招待状をもらおう!レポハピ会員登録

   マンガ「こち亀」の両さんの銅像が東京・亀有に設立され、その除幕式でお笑いタレントのラサール石井さん麻生太郎首相に「ガン無視」されたと、2008年11月12日の自身のブログで明かした。よほどプライドを傷つけられたのか、延々と「麻生批判」を展開した。その後、2ちゃんねるなどで話題になり、ラサールさんへの批判が殺到。同日付のブログは削除された。

「なんかヘンだよこの人。ていうか、馬鹿だなあ」

   漫画「こちら葛飾区亀有公園前派出所(こち亀)」の主人公、両津勘吉(両さん)の少年時代の銅像が「亀有ゆうろーど商店街」に建てられ、08年11月8日に除幕式が行われた。04年までフジテレビ系で放送されていたアニメ版で、両さんの声を担当していたラサールさんは、原作者の秋本治氏とともに出席した。

   ラサールさんのブログによると、除幕式の3日前に、麻生首相も列席することが決まった。首相はマンガ雑誌を何十冊も購読するほどの「マンガ好き」で知られ、「こち亀」の大ファンであることも公言している。

   SPや警備員などに囲まれ、物々しい雰囲気の中、麻生首相が現れた。像に向かって左側に首相、右側に原作者とラサールさんが並んだ。首相はまず、原作者と握手をして歓談する。ラサールさんは「さあ次は私と握手だ」と身構えた。ところが、「なんと総理はおいらをガン無視 えー 握手どころか、一回も目を合わす事もない」。

   両さんの声を担当していることを知らないのか。それとも「ラサール石井」を知らないのか、と一瞬考えるが、「俺、電通調べ認知度98%なんですけど」と強調する。理由は何であれ、無視されたことにプライドを傷つけられたのか、さらに牙をむく。

「いやあ、なんかヘンだよこの人。
ていうか、馬鹿だなあ。
ウソでも握手のひとつもしとけば、俺があとで『麻生さん、意外にいい人だったよ!』ってブログやトークでどんだけ言うか」
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 「無期転換ルール」、新たな「働き方」は軌道に乗っていますか?

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中