2018年 6月 18日 (月)

遅刻社員に駅で反省文読ませる様子 YouTube公開した社長ブログ炎上

印刷

   遅刻した社員が罰として、駅の構内で大声をあげて反省文を読む動画が、都内企業の社長のブログに掲載された。「YouTube(ユーチューブ)」にアップしたものだが、ネット上での公開に「パワハラでは」といった批判的なコメントが相次ぎ、ブログは「炎上」状態に陥っている。ただ、同社は「取材は全面的に断る」としている。

「あらたに目覚まし時計を3つ購入し、計9個にします」

   問題とされた動画は、貸会議室運営会社・社長のブログ(2008年11月19日付)に掲載された。ブログでは、

「先日遅刻の罰則を決めたのですが。●●さんが3回目の遅刻をしてしまったので、その罰の様子を載せます。駅に一人で行き、駅員に許可をとって撮影してきたものになります」

とした上で、反省文らしきものを大きな声で読み上げる男性を撮影した「YouTube」の動画が掲載されている。この男性は駅構内と思われる場所で「お客さんや社長に多大なご迷惑をおかけしました」「あらたに目覚まし時計を3つ購入し、計9個にします」などと約2分半にわたって読み上げている。

   「YouTube」の説明文でも、

「株式会社●●では、遅刻の罰の一つとして、駅での反省文の読み上げを行っています。一人で駅に行き、駅員の許可をもらって、行います。その様子です。笑いなどはありません」

と書かれており、動画の再生回数は2008年11月25日昼時点で5万回を超えた。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中