2019年 12月 6日 (金)

不況どこ吹く風プライベートジェット機 1機50億円でも「5年待ち」

印刷
エーザイが開発したサプリ『美チョコラ』無料モニター募集!

   究極の贅沢品としてなにかと話題になるプライベートジェット。最近では、米自動車メーカー首脳がプライベートジェット機でワシントン入りし、批判を浴びた。乗っていたジェット機は「ガルフストリーム」。1機あたり40億円とも50億円するともいわれる。ここ数年、日本でも利用が増えてきたが、最近の世界的不況で落ち込んだかと思いきや、引き渡しまで「5年待ち」もあるという人気ぶりは続いているそうだ。

この1年で、受注ベースで2倍強

   プライベートジェット機の中でも上位にランクされる「ガルフストリーム」。日本でその総代理店を務める丸紅エアロスペースは、「ここ数年受注が増えていることは確かで、年間に数機程度、売れています」という。購入先は「明かせない」が、上場企業やその関連会社が大半とのこと。それがこの1年で、「受注ベースで2倍強になっている」と、プライベートジェット機を求める企業などがさらに増えていると明かす。

   ガルフストリームは年間100機程度生産されている。プライベートジェット機は一般に、注文を受けてから製造するので、場合によっては「5年待ちのこともある」(丸紅エアロスペース)そうだ。

   米議会に出席するのにプライベートジェット機を使ったとして痛烈な批判を受けているGMのワゴナー会長兼最高責任者(CEO)は、どこに行くにもプライベートジェット機を利用していたらしい。米報道によれば、ワゴナー会長がデトロイトからワシントンに駆けつけた際に利用したプライベートジェット機は往復約2万ドル(約200万円)かかったそうだが、ワゴナー会長は議会での質問に、「プライベートジェット機のほうが効率的、機動的に動ける」と説明したという。

   欧米では超多忙な経営者は、「時間を買う」つもりで日常的に利用している。もちろん、欧米の、世界の名だたる企業がプライベートジェット機を所有。「世界を動き回る人は持っている」(丸紅エアロスペース)。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中