サーバー出荷額、台数共にマイナスに IDCジャパン調べ

印刷

   IT業界の市場調査・コンサルティングのIDCジャパンは、2008年の3四半期(7~9月)の国内サーバー出荷額が、前年同期比9.7%減の1473億円と2四半期ぶりにマイナスに転じたと08年12月8日に発表した。出荷台数も2.8%減の15万6000台と、4四半期ぶりのマイナスになった。金融危機や景気後退の影響で、サーバーの更新期間を延ばす企業が増えた。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中