麻生首相、海外でも漢字の誤読連発

印刷

   麻生太郎首相が2009年1月31日の世界経済フォーラム年次総会「ダボス会議」の特別講演で、原稿の漢字を読み間違えていたことが分かった。「決然」を「けんぜん」、「見地」を「かんか」、「基盤」を「きはん」と読んでいたという。

   スイス訪問での疲れ、気の緩みなどが指摘されている。しかし、参院本会議で「踏襲」を「ふしゅう」と答弁した08年来、誤読が相次いでいる。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中