2019年 3月 25日 (月)

南の島々旅して900万円ゲット 「夢の仕事」にビンラディンが応募??

印刷
エーザイが開発したサプリ『美チョコラ』無料モニター募集!

   世界最大の珊瑚礁「グレート・バリア・リーフ」の島をPRする仕事を地元自治体が募集したところ、報酬が高額だったことから、世界中から応募が殺到している。PR動画を投稿して応募する仕組みなのだが、その中には「意外な応募者」もいた様子で、現地メディアでは、ちょっとした話題になっている様子だ。

世界160か国以上から、1万1000以上の応募

ビンラディン容疑者を名乗る「自己PRビデオ」
ビンラディン容疑者を名乗る「自己PRビデオ」

   この求人は、グレート・バリア・リーフがある、オーストラリアのクイーンズランド州観光公社が2009年に始めた「グレート・バリア・リーフの島々キャンペーン」の一環として行われているもので、世界中から「アイランドケアテイカー(島の管理人)」1名を募集している。業務内容としては、半年間、島の管理人として働きながら、グレート・バリア・リーフの島々を旅して、自らの体験をブログで報告するなどのPR活動を行うことだ。報酬の額が異例で、何と半年で15万豪ドル(約918万円)。プレスリリースでも、「過去に類のない夢のような仕事」と、自画自賛しているほどだ。

   募集は1月上旬に始まり、特設ウェブサイトを通じて、自分の連絡先と写真、PR動画を送信して応募する。動画はウェブサイト上で公開され、その多くは「ユーチューブ」にも掲載されている。「夢のような仕事」なだけに注目度は高く、すでに世界160か国以上から、1万1000以上の応募があったという。

   ところが、その中に、01年9月11日の米同時多発テロの首謀者とされるオサマ・ビンラディン容疑者を名乗る動画があり、ちょっとした議論を呼んでいるのだ。

   動画は1月下旬に投稿され、ビンラディン容疑者とみられる人物が白い帽子をかぶって登場。約30秒にわたってアラビア語で語りかける、という内容だ。この動画につけられた英語の字幕が、「応募するにあたっての自己PRメッセージ」となっている。

   自己紹介の内容は、

「ハロー、アフガニスタンのオサマ・ビンラディンです。私がベストな候補者です。社交的で、楽しいことが好きです。屋外と、砂地が好きです。大規模イベントの運営をした経験もあります。趣味は、料理、アート、工芸などです」

と、かなりくだけた内容だ。

   さらに、動画の最後には

「フェースブックの『ビンラディン・オサマ』でコンタクトできます」

と、SNSを使っていることさえ明かしている。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 「無期転換ルール」、新たな「働き方」は軌道に乗っていますか?

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中