2019年 9月 17日 (火)

釈由美子 10万人に1人の難病にかかった?

印刷
日本最大級の動画配信サービス【U-NEXT】まずは31日間無料お試し

   女優の釈由美子さんが2009年2月22日、難病の「ギラン・バレー症候群」にかかったとブログで明かした。10万人に1人か2人という珍しい病気だが、釈さんの場合はごく軽度で、医者から「1週間ほどで完治する」と言われたという。その後ブログを削除し、「心配しないで」という短いものに書き換えている。

手足がしびれ、全身が動かなくなった

   ブログによると、釈さんは高熱と腸炎を伴う風邪をひき、症状がおさまったと思ったころに、手足がしびれ「金縛り」のように全身が動かなくなってしまった。マネージャーを呼んで病院に連れて行ってもらったところ、医師から「ギラン・バレー症候群ですね」と診断されたという。

   ギラン・バレー症候群は、運動神経の障害のため、急に手や足に力が入らなくなる病気。人口10万人あたり年間約1〜2人がかかるといわれる難病で、国の難治性疾患克服研究事業の対象となっている。

   難病情報センターのホームページによると、風邪をひいた後などに発症することが多い病気で、手足が動かせなくなるほか、顔面の筋肉にも力が入らなくなって、呂律が回らなくなったり食事が困難になったりすることがある。多くの場合は1年以内にほぼ完治するが、障害が残る人も2割ほどいるという。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中