2018年 7月 19日 (木)

岐阜県の裏金報道を謝罪 日テレ「バンキシャ!」

印刷

   日本テレビの報道番組「真相報道 バンキシャ!」は、2009年3月1日の放送で、08年11月に放送した「岐阜県の裏金問題」の報道に、誤りがあったことを認め、謝罪した。

   11月の放送では、建設会社の元役員が岐阜県庁の職員に200万円の裏金を振り込んだことを証言、裏金づくりに協力していると話した。しかし、岐阜県が独自に調査したところ、そのような事実はなかった。

   この問題に対して、番組キャスターの福澤朗さんは3月1日の放送で、建設会社の元役員に追加取材したところ、「証拠とした銀行の送金記録は自ら改ざんしたもので、裏金を送金した事実はなかった」と、証言をひるがえしたことを説明。「視聴者のみなさん、岐阜県庁並びに岐阜県議会の関係者のみなさまにたいへんご迷惑をおかけいたしました」と謝罪した。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中