初の「定額給付金詐欺」被害 堺市の高齢女性から5万円

印刷

   「定額給付金の支給手続き」をかたった詐欺事件が2009年3月19日に起きた。堺市に住む80代の女性が、現金5万円をだまし取られた。市役所の職員だと名乗る男が、5万円で「すぐに給付金の手続きができる」と話し、女性から現金を受け取った。「戻ってくる」と言い残してそのまま立ち去った。堺市はホームページで事件を報告、注意を呼びかけている。給付金の支給に関係した不審な電話などが全国で相次いでいる。被害が明らかになったのは今回が初めて。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中