テレ朝、横領事件報道問題などで部長らを処分

印刷

   徳島県の土地改良区を巡る横領事件報道の問題で、テレビ朝日は2009年4月21日、「報道ステーション」の担当部長ら5人を減給1か月、報道局長と同局ニュース情報センター長をそれぞれけん責処分にしたと発表した。「放送倫理・番組向上機構」(BPO)が放送倫理違反と認定したのを受けての処分だ。

   また、「情報整理バラエティー ウソバスター!」の問題では、編成制作局担当副部長を減給3か月、同局長、同局制作1部長をけん責処分にした。これについては、総務省から「放送法に抵触する」と厳重注意を受けていた。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中