2019年 1月 18日 (金)

母親が子供の相手探しに奔走 「代理婚活」全国に広がる

印刷
富士フイルムが開発した糖の吸収を抑えるサプリが500円+税で

   結婚しない息子、娘に代わって、親が結婚のための活動(婚活)をする「代理婚活」が全国に広がっている。子供の結婚を見届けるまでは、「死んでも死にきれない」と必死なのだ。70歳の高齢の親も多いのに、遠方からはるばるお見合いパーティに参加し、我が子の婚活に励んでいる。

「一人で死んで行く息子を想像すると、居ても立っても居られません」

「私達夫婦も老い先が短くなって来て居ります。気懸かりなのは長男が、生涯独身を続けるのか? 私達がなくなって、一人で死んで行く息子を想像すると、居ても立っても居られません」

   ネット上の悩み相談に2008年8月22日に書き込まれた内容だ。有名大の大学院を出て、上場企業に勤めている35歳の息子が結婚する気配がないと心配している。

   09年4月7日付け新潟日報「親のやきもき『孫の顔を』と積極的 県外に代理見合いも参加」と題する記事の中では、同居している35歳の長女が結婚せず、

「出産年齢を考えると、そろそろタイムリミット」

と焦る母親のコメントが紹介されている。

   こうした「親心」をくみ取る形で、5年前から親同士の代理見合いをセッティングしている「あなたのマリッジ オフィス・ナカノ」(福岡市)の中野正彦代表は、

「福岡を出て、東京や大阪などに就職したものの縁がない、と親御さんからの相談が舞い込むようになったのが始まりです。親は心配でたまらないんですよ」

という。

   福岡、北九州、久留米、佐賀で36回の代理見合いを実施。09年4月12日に福岡市で行うと、20組が参加した。多い時には参加者は40組にのぼる。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
20代で資産4800万円超え! 兼業トレーダーが選んだ「恐怖指数」ってなんだ?

高校生時代から、アルバイトを掛け持ちしてコツコツと貯めた50万円を元手に、20歳から株式投資を始め、研究に研究を重ね、投資の「極意」をつかんだ。その結果、現在手元には4800万円を超える資産が。日々サラリーマンをしながら、わずか7年で、資産をおよそ100倍近く増やした。

PR 2018/11/19

20181221_ohaka.jpg
親の「人生の最後」、本気で想像したことある?

2010年の新語・流行語大賞にもノミネートされた「終活」。残された家族のためを思い、「人生の最後」を前向きにとらえて活動している人も多いようだ。最近の終活需要の高まりはニュースなどでもよく耳にする。

PR 2018/11/16

姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 「たくさんの大人に会って!」と学生にエール 就活応援トークライブ開催

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中