「NHKの自主自律危うくした」 BPO、「番組改編」で意見書

印刷

   放送界の第三者機関、放送倫理・番組向上機構(BPO)の「放送倫理検証委員会」は2009年4月28日、NHKの「問われる戦時性暴力」(01年)の改編問題について意見書を公表した。番組制作の幹部が放送前に政治家と面談、改編を指示したことについて「NHKの自主・自律を危うくし、視聴者に重大な疑念を抱かせる行為」と指摘した。しかし、政治的圧力の有無や改編との関連には踏み込まなかった。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中