2020年 12月 3日 (木)

どこもマスク売り切れ! 超品薄解消は6月になってから

初心者向け資産運用相談で、現金6,000円もれなくプレセント中!

   マスクが手に入らない――。スーパーやドラッグストア、100円ショップでも品薄状態が続いている。そのせいか、自分で作ろうという動きも出てきた。一体いつになったら異常事態は解消されるのか。

「入荷10分で売り切れ」

「マスクを購入しようとしたら。ドラックストアでは売り切れ。出遅れてしまった」
「近所のドラッグストアでも、なんとマスクが足りない事態が発生しておりまして。欲しいと思っても、すぐには購入できないみたいです」
「関東圏でも感染された方がいらっしゃいますね。(中略)なのにマスクがどこも売り切れ」

   個人のブログには、こうした記述が2009年5月21日以降、立て続けに書き込まれている。神奈川県川崎市の洗足学園高校に通う女子高生2人が前日、新型インフルエンザに感染していたことが確認された。首都圏での感染確認は初めてで、急いでマスク購入に走った人もいた。マスク不足は全国的に広がっており、買い置き、または知人や親戚に送るために購入しているようだ。

   実際、関東圏内の複数のドラッグストアやスーパーに問い合わせたところ、「マスクは完売です。入荷は未定です」「売り切れです。ちょっとずつ入荷があっても、すぐ売り切れちゃう状況です」。100円ショップ「ダイソー」の広報担当者も「店舗によってばらつきがあるが品薄」と説明している。

   関東圏を中心にドラッグストアを運営するセイジョーでは、1店舗あたり、1日20~30セットのマスクが入荷されている状況だ。が、まとめ買いする人が多く、すぐに売り切れてしまう。こうした状況に、個人のブログでは「入荷10分で売り切れ。入荷した現場に出会った方はラッキー」などと報告されている。

   なお、インターネット販売のケンコーコムでも「現時点では、すぐにお届けができない状態が続いています」と明かす。実際、注文画面には、ほとんどの商品が「メーカー欠品中です」との表示が出ていた。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中