2019年 6月 25日 (火)

マックが新たな「強者連合」 今度は「DS」とコラボ

印刷
建築予定地やご希望の地域の工務店へ一括無料資料請求

   日本マクドナルドをめぐる「強者連合」の動きが加速している。同社が以前からコカ・コーラとのパートナーシップを結んでいるのはよく知られているが、今度は、「ニンテンドーDS」のヒットで不景気の中でも業績を伸ばしている任天堂との提携が2009年6月14日、東京ミッドタウン(東京都港区)で発表された。その狙いはどこにあるのか。

「マック店内だけ」のコンテンツを提供、豊かな店舗体験の促進図る

任天堂の岩田社長(左)とマクドナルドの原田社長(右)
任天堂の岩田社長(左)とマクドナルドの原田社長(右)

   マクドナルドとコカ・コーラの提携は、50年以上にわたる。08年秋にも、全国のマック店舗でコカ・コーラのグラスを500万個配布するキャンペーンを行い、09年も第2弾として5月28日から実施をしている。両社は景気減速の中でも比較的業績は堅調で、いわば2社による「強者連合」とも言える性格を持っている。

   そんな中、新たな「強者連合」とも言える提携が発表された。

   マクドナルドは09年6月14日、任天堂の家庭用ゲーム機「ニンテンドーDSシリーズ」を利用したサービス「マックでDS」を6月19日に始める、と発表。「ニンテンドーゾーン」と呼ばれるWi-Fi(無線LANの一種)の接続拠点を店内に設置し、店舗利用者が持ち込んだ個人所有の「DS」向けに、店内でのみ楽しめるコンテンツを配信する。同サービスは全国約3750店舗のうち約3200店舗で利用できるようになる。

   具体的には、各店舗を訪れるごと(又は同店舗でも1日にひとつ)に、DSにキャラクターをダウンロードできる「コレクションラリー」ができたり、すでに発売されているゲームの体験版をダウンロードすることができたりする。さらに、「ポケモン」のDSソフト「ポケットモンスター プラチナ、ダイヤモンド・パール」を持っている場合は、幻のポケモンとも言われる「ジラーチ」をダウンロードすることもできる(7月19日までの期間限定)。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 「無期転換ルール」、新たな「働き方」は軌道に乗っていますか?

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中