「日本は2011年もデフレリスク」 IMF報告書

印刷

   国際通貨基金(IMF)は2009年7月15日、日本経済に関する報告書を発表した。09年の実質国内総生産(GDP)の伸び率はマイナス6.0%に据え置く一方、10年には景気回復を遂げる可能性が高いとして1.7%のプラス成長と予測した。一方、デフレのリスク自体は11年も続くとした。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中