北朝鮮、米2記者を解放 クリントン氏と共に帰国へ

印刷

   北朝鮮の金正日総書記は拘束中の米国人記者2人に対して、特別恩赦で釈放する命令を出した。2009年8月5日、国営朝鮮中央通信が報じた。8月4日に行われた米クリントン元大統領との会談を受けての措置。クリントン氏は8月5日午前、記者2人とともにチャーター機で平壌を出発し、米軍三沢基地経由でロサンゼルスへ向かった。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中