2019年 7月 17日 (水)

福岡の2つのホテル ドイツの審査機関から「エコホテル」認定

印刷
人気店や企業から非公開の招待状をもらおう!レポハピ会員登録

   福岡県の2つのホテルが、2009年7月14日、ドイツの審査機関からエコホテルとして認められた。この機関による日本国内での認証ははじめてという。これらのホテルではいったい、どんな取り組みをしているのだろうか。

生ゴミを堆肥化、「循環米」育てる

   環境大国ドイツの技術審査協会テュフ ラインランドは、西鉄シティホテル社(福岡市中央区)が県内で運営する「西鉄グランドホテル」と「ソラリア西鉄ホテル」を地球環境に配慮した「エコホテル」として認証した。

   エコ認証は、テュフ ラインランドを通じて、全世界で300件以上のホテルが受けている。日本では今回が初めて。審査では、省エネルギーや節水、廃棄物管理に関する項目などがチェックの対象。14の部門と192項目ものチェック項目が掲げられ、うち50%以上の達成基準が設けられている。

   認証に携わったテュフ ラインランド・ジャパンの岡田綾子さんによると、福岡の2つのホテルではとりわけ、循環型のリサイクル方法に秀でていたという。たとえば、レストランの厨房から出される生ゴミの分別を徹底。また、ザルによる水切りをすることで、ゴミの減量にも役立てている。さらに、2005年から生ゴミを堆肥化する機械を導入、堆肥を利用して「循環米」を栽培し、これをレストランでも使っている。

   そのほか、アメニティグッズの包装の簡易化や、客室家具の修理や再利用に熱心に取り組んでいる。最近ではロビーの照明を電球からLEDに切り替え、CO2排出量を抑えたりもしている。西鉄シティホテル社では、こうした取り組みを10年来続けている。

   そのため、2008年10月には、福岡市環境行動賞「ごみ減量・リサイクル努力事業者賞」と福岡県エコ事業所・最優秀賞「その他の地球にやさしい活動部門」の2つを同時受賞し、話題になった。同社は環境団体「九州グリーン購入ネットワーク」に所属し、積極的な活動も行っている。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 「無期転換ルール」、新たな「働き方」は軌道に乗っていますか?

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中