慶大、電気自動車で新会社 ベネッセ・ガリバーも参加

印刷

   慶應義塾大学などが、電気自動車(EV)技術の普及を目指す会社「シムドライブ」(東京都千代田区)を設立した。通信教育大手のベネッセコーポレーションや中古車大手のガリバーインターナショナルが出資し、社長にはEV研究で知られる清水浩・同大環境情報学部が就任。2013年までにEVシステムが量産化できる状態を目指す。09年8月24日に発表した。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中