2019年 10月 14日 (月)

ファーストレディ鳩山幸さん ちゃきちゃきで「はじけた」女性?

印刷
人気店や企業から非公開の招待状をもらおう!レポハピ会員登録

   民主党の歴史的大勝となった「第45回衆院選」。党首の鳩山由紀夫代表はこのままいけば、第93代内閣総理大臣となる。ファーストレディと呼ばれるようになる妻の鳩山幸さんは、どんな人なのか。

「おしかけ女房」か「押し切られ女房」か

   ファーストレディとなる鳩山幸(みゆき)さんは上海生まれ、神戸育ちの66歳。1961年~67年の6年間、宝塚歌劇団では「若みゆき」の芸名で舞台や映画で活躍した。退団後に渡米し、当時スタンフォード大学の学生だった鳩山氏と結婚した。

   2人の出逢いについて、幸さんは2009年5月に出演したトーク番組で、たまたま日本に里帰りした際に、知人から鳩山氏を紹介されたと明かしている。その後、2人は偶然にも同じ飛行機に搭乗して再び出逢い、それから1年後にもう一度2人は偶然、サンフランシスコのダウンタウンですれ違ったそうだ。幸さんは、運命的な出逢いだったと回想している。

   それからお付き合いがはじまった。当時、幸さんはアメリカ在住の日本人男性と結婚していたが離婚し、1975年鳩山氏と再婚した。ちなみに、前出の番組では、鳩山氏は彼女を「おしかけ女房」というが、幸さんは「押し切られ女房」と言っていて、意見がわかれているのだとおどけてみせた。幸さんは、こうも言っている。

「主人がいつも言ってくれるのは『僕は全女性の中から君を選びました。なぜかというと、独身の女性も既婚の女性の中からも全部合わせた中で選んだ』と」

   そんなおしどり夫婦の2人。幸さんは2009年7月下旬、北海道であったいくつかの祭りに参加し、「内助の功」も発揮していたようだ。苫小牧市の祭りでは、「衆議院議員夫人」と書かれたたすきをかけて、鳩山氏の顔写真入り「うちわ」を浴衣にさして、パレードに参加している。関係者はこの日の様子を「非常にバイタリティがあり、明るく、楽しんでいました」と話す。

   こんなエピソードもある。幸さんは講談社の週刊誌「週刊現代(6月13日号)」で、鳩山氏との家庭生活について、「家事は私が恐縮するくらいやってくれて、たとえば今朝も朝食のあと、お皿をきれいに洗ってくれるんですね。私が『ワイシャツの袖が濡れちゃうから、いいいい』と止めても、『これは私の趣味だから』と言って全部きれいに洗ってくれるんです」としている。とはいえ、家庭での力関係はどちらが強いのか、真相は藪の中だ。

   彼女の人物像について、以前一緒に仕事をしたことがあるという、あるカメラマンは、「非常に気さくで素敵な女性。美人ですしね(笑)。江戸っ子でちゃきちゃきっとしたところがありました。語学も達者ですから、ファーストレディとして、向いているのでは」と話している。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中