入職率・離職率とも3年連続低下 景気悪化が影響か

印刷

   厚生労働省は2009年9月8日、08年雇用動向調査を発表した。08年に就職・転職した人が労働者全体に占める割合を示す「入職率」は14.2%で、前年比1.7ポイント低下した。離職者の割合を示す「離職率」は14.6%で、前年より0.8ポイント下回った。いずれも3年連続で低下し、景気悪化が影響しているとみられている。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中